rikeiboのブログ

首都圏で受験生と暮らす理系の母親が頭の中を書き綴ります

COVID-19のこと

ブログ書きが滞ってました(^_^;)
原因は主に新幹線の自由席の混み具合。
年末年始の混雑が終わったと思ったら、
学生さんが休みに入ってるんでしょうか、
スノボとか持って大勢乗ってて。

せめて隣が空席でないと
極小キーボードでも広げるのは気が引けて。

そうこうするうちに
今度は新型コロナウィルス感染症
(以下、COVID-19)
が世界的流行になってしまって・・。

ニュースやワイドショー、
感染研や厚労省、国内外の文献情報、
毎日更新される情報についていくために、
時間がかかるんです。

新型インフルエンザの時も今回も、職業柄関わっていくしかありません。新型コロナウイルスについては解らない事だらけですから、医者はみな猛勉強中でしょう。

新型コロナについて、ここに書き留めた事は
、なにせ情報が日々更新されていきますので、日が経つと陳腐化するものもあると思いますがご容赦をお願いいたします。

まず、コロナウィルスについて。
普通のコロナは、日本の冬風邪の30%前後といわれます。
寝ていれば治るただの風邪の代表格ですね。

それが、偶然の変異の結果、SARS、MARS、COVID-19といった、肺炎を起こしやすいタイプが出現した。

COVID-19の場合わかってきたのは、
①不顕性感染(感染したのに発症しない)
②軽い風邪症状のみ
③肺炎(ウィルス性・細菌性)
④人工呼吸管理が必要な重症肺炎

つまり、肺炎だけでも多様な型が混在するようです。ほんと厄介です。

なぜ①~④の違いが生じるのか。ウィルス暴露量、ヒト側の因子‥なんでだろ?私が最も興味をそそられるのはそこです。段々に判ってくるのでしょうね。
梅雨時には落ち着くのでは‥秋には収束するのでは‥などの楽観論も多いですが、私のはとても1年程度で制御できるとは思えませんし、社会経済や一人一人の生活面への影響は想像もつきません。覚悟が必要なのでしょうね。