rikeiboのブログ

首都圏で受験生と暮らす理系の母親が頭の中を書き綴ります

楽天クレカと楽天ポイント

前に書いたように、この10月をきっかけに、契約中のクレカや電子マネーを整理しています。で、今日は楽天クレカの話。

きっかけは忘れましたが、だいぶ前に楽天クレカを作ってありました。でもずっと使ってなくて、恥ずかしながらどこにしまったのかわからない状態。

このままでは良くないので、サポートに電話して新たにカードを発行してもらう手続きを進めてありました。

新カードが先日届いたので、楽天e-NAVIというサービスでクレカを確認したところ、もう存在すら意識してなかった古い自分の楽天アカウントがまだ存在していて、それに新カードが既に紐づけられていることに気づいたのです。

サービスに電話したときに旧カード情報をそのサイトで確認しながら説明したから、発行と同時にそこに入れてくれたらしいです。

現在メインで使用中のアカウントにも新クレカを紐づけたい場合、今紐付いているカードを解除させないといけないけれど、ググるとどうやらサポートに電話する必要があるとのことです。

で、電話して旧カード情報を削除してもらい、1週間ほどで新カードを紐づけられる状態になるとのことで、来週にも目的が達成できる見通しです。

途中、またもや自分の知らなかった常識?が判明。それは、楽天クレカ発行時に、楽天ポイントのアカウントが新たに発行されていたこと。

用件がひとつ片づいたところで電話で引き続き聞いてみました。

「これまでメインで使用していた楽天ポイントのアカウントに統一したい」場合、到着したばかりの新カード裏面のポイント番号はもう使えない、店頭ではアプリなどでポイントを付けてもらうこと、だそうです。

「じゃあ、使えない番号とバーコードはまぎらわしいから黒マジックで塗りつぶしても良いですか?」と聞くと、「いえ、抹消ではなくて、使えないので使わないでくださいということです」との説明を繰り返されました。

何度か聞き返して、ポイント付与のための番号は複数生きている、という仕様ということは理解しました。DカードとかTカードとかもそうなので。

でもDやTはサイトで統合できるんです、ポイントが。楽天ポイントの場合は、複数のポイントを統合することが、私の今日までの調査によれば不可。とすると残して自分に良いことは何もない。で、「私の中で抹消しますね」と、黒マジックで塗りつぶしたのでした。

教訓。サービス展開側の意図と利用者側の考え方は必ずしも一致しない。

サポートは差P-ビス展開側のスタンスを伝えるのがお仕事なんだろう、という一般常識でした。