rikeiboのブログ

首都圏で受験生と暮らす理系の母親が頭の中を書き綴ります

19号台風一過

台風19号、予報どおりの威力でしたね。

テレビでニュース見てると、国内の広い範囲で堤防が決壊して河川が氾濫してます。

こうしてみると、やはり立地条件というのは住む場所を選ぶ上でとても重要ですね。整備の行き届いた住宅街に見えても、地図を良くにらんでみると意外に川沿いの低地だったりとか。

最近はネット上で地質ナビやハザードマップが公開されていて、手軽に立地条件が調べられるのですから、不動産業者さんに聞くだけでなくて自分でリスクが隠れていないかどうか調べるべきでしょう。

あと、地名って大事だと思います。

地名をつけた昔の人たちは、土砂崩れがあったところに「大崩れ」、水害が出たところに「出水」、荒れ狂う川に「荒川」なんて名前を付けてくれてました。

でも、数百年に一度とかいった天災の記憶ばかりこだわって敬遠されて、地価が下がるとかの弊害が出てくるケースも困りも野だろうから、地名を変えて印象を良くして町おこし、とかの発想も頷けるんです。おしゃれで響きの良い地名の場所に住むと気分も高揚するなと感じますし。

でも折角なんですから、地名に込めて災害への注意を促そうとした人知、どこかに残して欲しい気がします。